葉山教会激坂アタック

2017.11.15.Wed.21:34
久しぶりのライドで三浦方面を軽く回ろうかというところで、通りがかり(というかスタート間もなく)に葉山教会の激坂にアタックしてみた
距離は250mと短いらしいが、平均勾配16%、最大勾配は驚愕の29%!!!
恐いモノ見たさで寄ってみる

1115-IMG_3254.jpg
続きを読む "葉山教会激坂アタック"

椿ライン大観山

2017.08.25.Fri.18:23
825-0-IMG_2759.jpg

先日本屋で買ってみた「BiCYCLE CLUB 10月号」に自転車峠の記事あり
それによると”超級”峠の大観山!行ってみた
続きを読む "椿ライン大観山"

足柄峠

2017.08.19.Sat.18:18
819-IMG_2732.jpg

金太郎の里 足柄峠を上る ヤビツと箱根とともに神奈川の三峠の一つと言われているとか

819-IMG_2720.jpg

赤字が見えにくくてわかりづらいが、現在地右下、ここを左に曲がって行くと金太郎生家跡だそうだが、今日は峠を目指して直進する

819-IMG_2722.jpg

10%超の坂が続く ヘアピンが多く、イン側では絶壁のような壁面になる

819-IMG_2727.jpg

なかなかキツイ坂が続いた ようやく峠と思いきやまだ上ってる 実際の頂はもう少し先、下写真のところ

819-IMG_2735.jpg

なんとか100キロ到達

超コンパクトドロップハンドル

2017.08.17.Thu.15:42
DIXNA CROSS / Bandy Handle  ディズナ クロス バンディー ハンドル

817-IMG_2712.jpg

●トップ部分385mm/エンド部分470mm(C-C)●298g●ドロップ:100mm・リーチ:60mm

今までの純正ハンドルはドロップ150㎜くらいだったので思い切ったコンパクト化をした
同じく(C-C)400㎜だったのがトップ385㎜、エンド470㎜ 
下写真のようにハの字になる

817-IMG_2702.jpg

下ハンが近くに来たのはもちろん、470㎜に広がったことの安定感がとても良い
上から見ても軽くハの字になっている角度なので握りやすい
手が小さいので今までは下ハンだとレバーを握りづらく、そのせいで下ハン持つ機会も少なかったのだが、レバーに軽々届くようになり、安定して下ハンで走ることが出来る!

DIXNA(ディズナ) クロス バンディー31.8 ハンドル ポリッシュブラック 385mm (Amazon)
参照リンク
つむりの悠々自適ライフ 【ハンドル】DIXNA バンディーハンドル 超コンパクトフレアというニッチアイテム。
ディズナ クロス バンディー31.8 ハンドル - ワールドサイクル(本店)
東京サンエス株式会社 | オリジナル企画販売および自転車総合卸 » Dixnaより新商品のドロップハンドルが入荷

城山湖 激坂再訪

2017.08.09.Wed.18:13
809-IMG_2682.jpg

真夏の激坂!
続きを読む "城山湖 激坂再訪"

早戸川林道

2017.08.03.Thu.18:45
803-1.jpg

行く途中の宮ケ瀬では23℃!という涼しさ! 早戸川沿いにしばらく上っていくと更に涼しくなる
結局は未舗装になるのでそこで引き返してくるという行って来いルートだが久しぶりに涼しい山の中で良いリフレッシュになった
標高は700mほど

803-2.jpg

803-3.jpg


小田原国府津

2017.07.03.Mon.20:27
703-IMG_2523.jpg

今日はさすがに暑くて、ペットボトルの温水!をかぶりながら走る!
それが気持ちいい♪

城山湖 22%激坂

2017.05.29.Mon.19:15
22per.jpg
こんなところに、22%の激坂が!
雨降林道というらしい
あまり調べて行かなかったので、あろうことかダムまでも到達せず降りてきてしまった
リベンジの必要あり


茅ヶ崎柳島

2017.05.27.Sat.22:34
527-IMG_2244.jpg

ロードに乗ってからは入ることのなかった道。 
しばらくぶりに通ってみたら、中々ナイスな道で気持ち良い。


ヨコハマポートサイド地区

2017.05.05.Fri.00:16
504-IMG_2161.jpg

第一京浜東神奈川方面から走ってきて、このエリアに入ると、緑の多さと青空に突き抜ける高いビルに何だか感激する

504-IMG_2167.jpg


品川・川崎方面

2017.04.30.Sun.23:14
430jyounannjima.jpg

今日は気持ち良い青空。 ちょっと風あり。 定期補給(25キロごと)で110キロ完走♪

補給について~横須賀方面ライド

2017.04.20.Thu.19:52
420-IMG_2089.jpg

この前買った自転車雑誌に補給のことが載っていたので、今更ながら「ちゃんと」補給しながら走ってみようと思う。
今回の全行程は予定では75キロ。 だいたい25キロ・50キロあたりで小休憩&補給(エナジージェル)でやってみよう。
今まではほとんど補給なし、あっても途中一回とか、フラッとコンビニ入るとか、かなりテキトーなので後半どうしてもエネルギー切れてしまうようだ。 ようやく、このことに気がつく。
そして、走り終わった後2時間以内にごはんやパスタなどの炭水化物を摂取すると超回復がおこり疲れが残りにくい、とあるので、それも試してみよう。 スタート&ゴール地点は温泉の横なので、温泉出たら同じ敷地内のお店で食す。

ということで、前にも使った稲村ケ崎温泉横のパーキングまで車載輪行。
ここから、鎌倉八幡宮前を通り、朝比奈経由で八景島へ。 
あとは海沿いに南下し、観音崎灯台~久里浜~衣笠~葉山~
稲村ケ崎まで戻ってきた。
75キロ予定のところが、迷走ありで81キロ超。

途中、2回目の補給タイムが遅れて危うい場面もあったが、最終的には、いつもよりかはバテてない。 脚もトラブルなし。 補給よし! (ほんと、今さら・・・苦笑)

420s-IMG_2090.jpg


宮ケ瀬湖ライド

2017.03.25.Sat.01:25

324shida1024.jpg


久~しぶりにようやく乗れる時がきた!

水得魚(!)のようにこぎ出す

衝撃吸収ステム「ShockStop」は試行の後、一番軽い体重設定(かなり柔らかめ)にした。 元々あまりハンドルに体重かけないので全然OKな柔らかさ。 もっと柔らかくしてみる? スプリントもしないし。 ま、丁度良い感じなのでしばらくこれで乗ってみよう。


が、しかし! コース設定をミスった

山の方面、てのは花粉多いんじゃ・・・(+o+)

鼻も口も布一枚覆ってるくらいじゃダメだったようで、帰ってから今この深夜まで大変な被害状態

行く前に気づけよ!と


TOP写真は宮ケ瀬湖の帰りに通った志田峠(標高310m)

この後、下りになるがなんと!未舗装林道になってしまった

そのうち舗装になってくれたが、反対から来て上りはキビシイな


衝撃吸収ステム「ShockStop」

2017.02.24.Fri.17:02
SHOCKSTOP-5424_550.jpg
昨年末に肘を痛めてから、路面からの衝撃で肘~腕が痛くなってしまい自転車乗れなくなっていた。
ハンドルに掛かる体重は少ない割合だが、それでも少しの振動も積もり積もってかなりシビアに痛んでくる。 と、困っていたところ、なかなか丁度よさそうなモノを発見

(ここから引用) 自転車好きな機械工学者たちが立ち上げた「Redshift Sports」から、画期的なステム「ShockStop」登場! 高剛性、軽量で、路面からの恒常的な振動を減らし、大きな衝撃は最大70%削減する。段差などは角が取れて、マイルドな乗り味に。一度つけたら、もう手放せないほどの快適性。特にロングライドやグラベルライドでの疲労軽減に役立つ。 (引用元リンク

続きを読む "衝撃吸収ステム「ShockStop」"

祝!伊豆半島走破

2016.11.18.Fri.23:14
1118-IMG_1167.jpg

足かけ3年かかったが、ようやく伊豆半島一周できた
今回は最後に残っていた土肥~大瀬崎
拠点は昨年新しく出来たという道の駅くるら戸田

土肥も大瀬崎もピストンコースで小さい山を6~8つ越えるコースと思い走ってみると、
累積高度4,005m(by Strava) 獲得標高1,310m (Yルートラボ) という行程になった
もう少し軽いかと考えてたが・・・
続きを読む "祝!伊豆半島走破"

Brake Light

2016.11.02.Wed.16:52
1102-IMG_1130.jpg

eBayでお安く入手できたのでつけてみた
続きを読む "Brake Light"

西伊豆絶景ライド

2016.10.26.Wed.23:56
1026-IMG_1113.jpg

土肥 → 土肥峠 → 仁科峠 → 松崎 → (海沿い)土肥



続きを読む "西伊豆絶景ライド"

道志みち山伏峠

2016.10.18.Tue.23:51
1018-IMG_0-1084.jpg
宮ケ瀬PからR413で山伏峠を越え山中湖へ


続きを読む "道志みち山伏峠"

高野山ヒルクライム

2016.09.04.Sun.01:03
902-IMG_0861.jpg

和歌山県 高野山 真言密教の聖地 山上都市へのヒルクライム!


続きを読む "高野山ヒルクライム"

霞ヶ浦左岸ライド

2016.08.20.Sat.00:03

痛恨のミスコース&後半の迷走、幸いシムのおかげで膝は問題なしと思われる