泉ガーデンタワー

2009.08.02.Sun.17:38
昨日、所用があり、六本木の泉ガーデンタワーに行ってきた。
最初は、そのビル名を聞いても大してピンと来なかった(失礼!)んだが・・・

地下鉄 東京メトロ南北線 六本木一丁目駅の改札出るとすぐにタワーの入り口。 
駅直結である。でも、メンテ作業中で・・・ どこから入れる??

izumi-8414_entr.jpg


かなり巨大なエレベーター。 クルマ1台入りそうだ。
このサイズはなかなか無いだろ。 

izumi-8413_elevt.jpg izumi-8410_elevt.jpg

しばらく、7Fに上がったり、24Fへも上がったり♪

ガラス面多いので、骨とか景色とか良く見える。

izumi-8412_elevt.jpg izumi-8404_elevt.jpg



7Fで上を見上げた様子。 ワクワクする骨組み(笑)

izumi-8403_inner.jpg


そして、これが↓ 24Fから見下ろしたところ、 

izumi-8408_tanimachi.jpg

あっ!!   これは、  谷町ジャンクション だろ・・・ (今頃気づく)

(左が3号線、右上~左下が環状線内回り、外回りは下)


そうか、ここは、もしかすると

3号線からC1に合流した時にいつも見える あの 全面ガラスばりのビルか!

izumi-8418.jpg

izumi-8407_sign.jpg

たぶん、かなり有名なスポットだとは思う、いやいや、知らなかったとはいえ、失礼した。

いつも、通るたびに 「暑そうなビルだな」 と思ったりしてたが、 
全然そんなことはない(当たり前だ。 重ね重ね失礼を・・・)

今度またゆっくりと探索に行ってみよう。 夜も綺麗だろな。

巨大シースルーエレベーター骨組み は おススメである。


リンク
    泉ガーデン (公式サイト)
    泉ガーデンタワー - Wikipedia
    泉ガーデンタワー - 日本の超高層オフィスビル
    泉ガーデンタワー - 施工実績[建築] 鴻池組
    泉ガーデン/実績紹介-清水建設

COOL Wedding

2009.08.03.Mon.06:23
これ、カッコいい!!


ネタ元 Bits & Pieces » After the happy wedding.. Comes the happy divorce



ネタ元 Bits & Pieces » Wedding processional

ボタン押すな!

2009.08.06.Thu.00:00
と、言われちゃあ・・・・、 まず、クリックしまくるだろ

月の撮影1

2009.08.07.Fri.17:43
「月を撮りたい!」 

1週間くらい前だろか、ふと思いつく。

満月をできるだけ大きく、撮ってみたい。 月の表面、周囲の様子とか。

この前、日食を撮ってみたことで何か関係してるのかもしれない。

数日前、ちょうど月が見えたので、とりあえずは持っている望遠ズーム(Canon EF-S55-250mm F4-5.6 IS という、キット販売もしているお手軽レンズ)で撮ってみた。

Moon 1774-0
Canon EOS Kiss X3    250mm F/5.6 ISO-400 1/4秒 

う~、 小さい・・・  それに、拡大しても見れたもんじゃない 


しからば、すでに手配済みのアイテム到着を待つか♪

超望遠ズーム

2009.08.07.Fri.18:30
もっともっと望遠レンズを! ってことで、探してみるが、  たっ・・・高い  んだな

数十万円から、だ。 さすがに、本職でもないので、そんな買い物はムリ。

で、これだ。
NASHICA 4336

NASHICA ZOOM 8000SA (タニムラデンキ)

焦点距離420~800mm
 (Canonデジカメなので、x1.6すると、なんと! 35mm換算 
672~1280mm

これで、あの値段なので、素晴らしいコストパフォーマンスといえるだろう。

だが、やはり、安いからには理由があり、

    【ご注意】 AF機能は付いておりません     

    低価格実現のため、絞りは省略してあります。
    露出はシャッタースピードのみで行います。


この2点が安さのポイントである。 買う決心を鈍らせるほどの、重要ポイントだ。

が、思い切る。

AFなしのMF(手動ピント合わせ)なんて、子供の時以来かもしれない・・・


NASHICA 4339

さすがに、長い。 いちおうスペックをコピーさしてもらうと、

光学系:セミアポクロマート、2群4枚  焦点距離420~800mm F8.3~16[実効F値6.6~12.8]  露出:瞬間測光のカメラは絞り優先モードで自動露出可能 フィルターサイズ62mm・フードは67mm  最短撮影距離1.8m 最大径69mm/最短長23cm/重量520g  フード組み込み/Tマウント方式

NASHICA 4328

ZOOM VARI60SA570~1000mm)というモデルもあったが、明るさ(F9.5~16.6(実効F値13.3~18.4)がかなり違うため、今回は 8000SA の方にした。


このレンズ、十分予想できたことだが、はっきり言って、ブレと
ボケとの闘いであるよ(苦笑)

レンズ筒の途中にマウントがついてないので、大変・・・
ついてると安定しそうな気もするが・・・どうだろうか?

現状では三脚使用よりも手持ちで腕を何か(クルマとか)
の上に載せて固定した方がマシだった。

↓こちらには三脚不要論もあるし。
   【匠のデジタル工房・玄人専科】 : ベテラン編:三脚について

ついでに、月の撮影他でも参考にさせてもらった
     初級編:月を撮る
     中級編:実際に使うべき露出モードは?

月の撮影2

2009.08.08.Sat.00:18
いよいよ、超望遠レンズでの撮影。 ブレが最大の敵である。 

手元で0.000何ミリか、何ミクロンか動いただけで、ファインダー内に捉えた月はあっという間も無くどこかに行ってしまう。

手持ち(宙ブラリンではないが、)では限界だ。 静止できない。

800mmでの撮影でこのくらいの大きさ。

Moon 1920-0-400
Canon EOS X3 + NASHICA ZOOM 8000SA
800mm  F/12.8? ISO-1250 1/50秒

撮影は、ちょうど満月の8月6日深夜(7日午前)

満月の直前に月の撮影を決心したのも不思議なタイミングだった。

参照 The Moon Age Calendar   満月を月齢カレンダーで探そう


上の写真をトリミングしたもの。 Moon 1920-800

ピント甘く、完全静止できてないのでブレもあり、なかなか鮮明に撮れない。

AFのありがたさを良~く感じた。 三脚座でレンズ固定、を考えるかな。

天気もイマイチなので、カーンと晴れた夜にも撮ってみたいもんだ。

また、これよりもちょっとマシなのが撮れたらUPしよう。

お見事!

2009.08.10.Mon.00:50
MEGAWOOSH003187.jpg
驚愕! 生身で大ジャンプ!

続きを読む "お見事!"

コンサル星人のブログ

2009.08.11.Tue.01:15
おすすめリンク

 コンサル界の宇宙人 ~ 精神世界を、縦横無尽に語る

  ラー文書、 バシャール、 坂本政道、 お釈迦さまの教え 他 

とてもわかりやすく書かれている。  これらの情報は必須でしょう。

食料自給率100% ・ 高速道路無料化

2009.08.20.Thu.00:11
オバマ氏「えっ?それってつまり“食料の輸入禁止”を目指すってことかい?」・・・・

食料自給率100%の世界 - Chikirinの日記

もひとつ。 なるほどね
「高速道路の無料化」は注目の政策 - Chikirinの日記

他にも気になるのが多そうなので、ボチボチ読んでいくことにしよう。

万博公園 太陽の塔

2009.08.23.Sun.02:09
大阪に行ったので帰り道に寄ってみる。
遠い昔、まだ意識がはっきりしてない頃、万博に連れて来られたらしいが、覚えて無い。 

この巨大な塔、1度間近で眺めてみたく、近寄ろうとする。

おぉ!でかいね。 でも・・・

3831.jpg

こっちは、ウラ側だヨ (@_@;)    まだまだ遠いし。

塔を見るだけなのだが、せっかく来たんだからってことで、周回路をグルグル回ってようやく一番近そうな(←これがミスだったらしい)駐車場(平日800円)に入った。

が、この様である・・・   完全に調査不足だ。 

ここ庭園前駐車場から、塔にアクセスするには、入場チケットを購入し、ゲートを通り、延々歩く必要がある。

同じ歩くでも、中央駐車場に入って、そこからのアクセスの方が良さそうだ。と判明するも、

時間切れだ。 オモテ側を遠~くから眺めて、帰ることにした。

3835.jpg

太陽の塔、手強し!・・・?  ちと残念。 ま、縁が無かったってことか。

もし、行く人は必見 → 万博公園ガイドマップPDF

月の撮影3・・・半月

2009.08.27.Thu.23:29
ちょうど半月の日。 最近雲に覆われる毎日が続いたが、久しぶりに月が見えた。 

Moon3938.jpg


続きを読む "月の撮影3・・・半月"

クルーズコントロール

2009.08.28.Fri.01:21
XJ3872.jpg

チェロキーのオートクルーズが10数年ぶりに復活!

長距離走が度々あり、今まですっかりあきらめていたクルーズコントロールを使いたくなり、こういうのとか見ていて、「さて、ポチッと注文・・・」の直前、

「いや、待てよ。 たしか、純正の壊れたシステムがついてたな」

で、一通り確認して、コントロールユニットを外したり、抜いたり挿したり、回したり・・・

やってみた結果、動いた! イケそうかも?ってことで、早速、試走へ。 

少し大ざっぱな動きだが、ちゃんと使えるじゃないか♪  こりゃ嬉しいね

(もっと早くに見てやれば良かった・・・)

結局やはり電気的な接触の問題か、ボリューム調整の具合か、だったようだ。


1990 Jeep XJ Cherokee Laredo 4.0L E-7M