目指してはならないもの

2007.02.13.Tue.00:05
またまた引き続いて、武田教授シリーズ。
すっかり同意する作品が多くて、今回の紹介は
目指してはならないもの


まずは、
目指してはならないもの “節約”

貧しく大変苦しい時代を長く生きてきた人々にとっては、節約し、財を貯める、ことが良いことと考え、今でもそうしている人々がほとんどであろう。
しかし、今の日本は、買う人に対して作るモノが多すぎて、モノがあまりまくり、金もあまりまくっている状態らしい。

お金があまって困ってる人、受け付けます! どうぞ。


目指してはならないもの “法治国家”

>現在のように日本が単にアメリカの真似をするのではなく、日本の文化の中でどのくらい法律が必要なのか、すでに施行されている法律でもあまり使われないものを廃止した方が良いのではないかと疑ってみた方が良い。

>すでに法律の数はあまりに膨大で、六法全書の内容を知っている庶民はほとんどいない。もともと法律は、その国に住んでいる人のためにあるので、法律が国民に知られていないのなら、その法律は意味が無いといった方が良いのではないか。


目指してはならないもの “環境”

> 「お金を使う量だけ環境を破壊する」と言える。

逆に見ていくと、お金を使う←お金を手に入れる←働く 
となり、良く働く人は、実は環境破壊をしている。 ということになる。


他に、
目指してはならないもの “人生”
目指してはならないもの “科学技術”
目指してはならないもの “平和”  とあり、これらも非常に共感する部分多かった。
コメント
「節約」目指しちゃダメなんですかーーー?
今年の目標なのに…。

私はひねくれ者なので、こんなにいっぱいダメだしされると「じゃあ何を目指せばいいの?」って思っちゃいます。
>節約したお金を国民は銀行に預けるが・・・

と、あるので、自分の手元に置いとけば良いのか

>銀行に預けたお金は、まず政府や企業が使い、それを下ろしたら自分がまた使う。2回も使うのだから環境には余計に悪い。

だそうです。 一つで二度楽しめる!みたいな感じの銀行預金(笑)

節約=預金、だけに限らないと思うけど・・・

節約は良いですよね。
無駄を省くことは非常に重要な時が多いです。

管理者にだけ表示を許可する