スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDD修理代金超高額!

2007.03.29.Thu.00:01
hard_disk_drive.jpg

全容量40GBのハードディスクの物理障害(ハードの方、部品が壊れたってことだ)の復旧(修理)に要する費用が何と!100万円!だそうです。

↓衝撃のストーリーが!
ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~前編~ - GIGAZINE
ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~後編~ - GIGAZINE

こういう修理を受けてくれる会社ってのが国内では4つくらいしか無いらしい。(代理店はもちろん除く)
費用も数十万円~100万円超と・・・
新品のHDDが数千円で売ってるのに・・・
もっとも中身のデータが大事なわけなんだろうけど。
この費用の無茶苦茶?高いのを見ると、一種のカルテル(寡占)状態では?とも思ってしまう。

窓口になる代理店の中にはかなり悪辣な店も多いようで注意が必要だ。

くれぐれも日頃のバックアップが大事です。

たとえ何万円もかけて、ものすごいバックアップのシステムを構築しても(そんな大それたものがあるかどうか知らないけど) べらぼうな修理代金に比べれば、何てことないでしょう。

当たり外れもあるらしいが、ハードディスクは消耗品だ。 
できればクラッシュしないうちに交換しておきたいものです。

が、これがなかなか・・・
コメント
恐いですね
HDのトラブルほど恐いものはないですよね。
あっ、認識しない!ってわかった瞬間のあのいや~~な汗。
「バックアップしとけば良かった・・・」なんていつも思いながら・・・でっかいHDをバックアップするためにはさらにでっかいHDを用意しなくてはいけませんものね。
私も一度HD回復をお願いしようと思ったことがありますが
通常100万のところを40万でってお話でした。
やっぱりそんな値段・・・!
新しく買うたびに容量がでかくなるから、バックアップもどんどんでっかくなってくんですよね。
デフラグなんて何時間もやってて・・・
で、思い出したです。
「後編」の最後の方に書いてあったのが、
>・デフラグの中であるアルゴリズムは通常ではありえないヘッドの動きをさせるため、確実にハードディスクに過剰な負担がかかって故障の原因となっている

だそうです。 
もともとデフラグは、めったにしたことないんだけど、今後はもうやめとくか。

もしかして、デフラグをすることで、HDの寿命が縮まり、さらにはOS(Windows)も不安定になり、なんてことになってる・・・??

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。