脳卒中観察記録

2008.03.14.Fri.14:17
brain.jpg
「体を自分として認識できない」体験:神経の専門家による脳卒中レポート | WIRED VISION
(抜粋) 神経の専門家であるTaylor氏は、自身の体が徐々に機能を停止する様子をつぶさに観察していた。同氏は、まるで好奇心の旺盛な探検家が観察記録をつけるように、体が段階的に衰えていくのを4時間にわたって見つめた。最初に失ったのは、自分自身と周りにあるものが別物であることを認識する能力だった。
・・・・ 続きは本文

なるほど、そんなふうなことが起きるわけだ・・・・大変興味深く読んだ。 
とても貴重なレポートだと思う。




eye001161.jpg 
カメラによる画像データを脳の視覚的部分に送信し「見える」ようにする
失明しても再び視力を取り戻すことが可能に - GIGAZINE

指令センターである脳が生きているなら、端末である各部品は代用可能って
そのうち、超望遠ズーム機能付の眼球が開発されたり・・・・?
コメント

管理者にだけ表示を許可する