超望遠ズーム

2009.08.07.Fri.18:30
もっともっと望遠レンズを! ってことで、探してみるが、  たっ・・・高い  んだな

数十万円から、だ。 さすがに、本職でもないので、そんな買い物はムリ。

で、これだ。
NASHICA 4336

NASHICA ZOOM 8000SA (タニムラデンキ)

焦点距離420~800mm
 (Canonデジカメなので、x1.6すると、なんと! 35mm換算 
672~1280mm

これで、あの値段なので、素晴らしいコストパフォーマンスといえるだろう。

だが、やはり、安いからには理由があり、

    【ご注意】 AF機能は付いておりません     

    低価格実現のため、絞りは省略してあります。
    露出はシャッタースピードのみで行います。


この2点が安さのポイントである。 買う決心を鈍らせるほどの、重要ポイントだ。

が、思い切る。

AFなしのMF(手動ピント合わせ)なんて、子供の時以来かもしれない・・・


NASHICA 4339

さすがに、長い。 いちおうスペックをコピーさしてもらうと、

光学系:セミアポクロマート、2群4枚  焦点距離420~800mm F8.3~16[実効F値6.6~12.8]  露出:瞬間測光のカメラは絞り優先モードで自動露出可能 フィルターサイズ62mm・フードは67mm  最短撮影距離1.8m 最大径69mm/最短長23cm/重量520g  フード組み込み/Tマウント方式

NASHICA 4328

ZOOM VARI60SA570~1000mm)というモデルもあったが、明るさ(F9.5~16.6(実効F値13.3~18.4)がかなり違うため、今回は 8000SA の方にした。


このレンズ、十分予想できたことだが、はっきり言って、ブレと
ボケとの闘いであるよ(苦笑)

レンズ筒の途中にマウントがついてないので、大変・・・
ついてると安定しそうな気もするが・・・どうだろうか?

現状では三脚使用よりも手持ちで腕を何か(クルマとか)
の上に載せて固定した方がマシだった。

↓こちらには三脚不要論もあるし。
   【匠のデジタル工房・玄人専科】 : ベテラン編:三脚について

ついでに、月の撮影他でも参考にさせてもらった
     初級編:月を撮る
     中級編:実際に使うべき露出モードは?
コメント
追記
ナシカ超望遠ズーム テストレポート(フォトショップサイトウ)
http://saito.shiftweb.net/infrared/nashica.html

管理者にだけ表示を許可する