『極楽飯店』シリーズ始まり~雲黒斎の続き④ 

2011.09.04.Sun.00:58
某指定暴力団組員、峰岸琢馬(38) 

ようやく1年前まで追いついたら、「極楽飯店」という読み出したら止まらないシリーズが始まる。 
ちなみに、最新は「極楽飯店.67」なので、追いつくにまだまだかかりそうだ。
これも書籍化されると良いのにな。

------------------------------------------------------------------------------
(  ̄Д ̄) 『(中略)お前は、自ら望んで苦しみのある次元に存在することを選択したんだ。それを「よし」としているんだ』

(  ̄Д ̄) 『お前が、無自覚に求め続けているのはね、「刺激」なんだ』


この「刺激」の話(3話~)もかなり良いみたい。

刺激 - あの世に聞いた、この世の仕組み
------------------------------------------------------------------------------

そして、いよいよ

某指定暴力団組員、峰岸琢馬(38)。


「じいさん、教えてくれ。ここは一体どこだ。この行列は、一体何の行列だ?」

老人はゆっくりと振り返った。

「なんだ。あんた、自覚がないのかい」

自覚?一体何のことだ。



極楽飯店 - あの世に聞いた、この世の仕組み
------------------------------------------------------------------------------

(※ 緑字は引用部分なり)


コメント

管理者にだけ表示を許可する