E46 バックカメラ取付 etc.

2015.02.04.Wed.01:01
B3-0-1980.jpg

続いての作業は、トランクのリヤガーニッシュにバックカメラ取付、
配線をトランク内に引き込み、一旦リヤシート取り外して配線を室内に入れ、
センターコンソール方面まで引き回し、モニタに接続。 
 あ~ 楽しい♪ (^◇^)
カメラ取付位置は、左ハンドル車なので、右後ろに。
トランクオープナーの部分にカメラを埋め込めればベストなんだけど(最近のモデルではそういうカメラあるが、E46ではたぶん無いんだろう)、このライセンス灯の横の位置しかない。
一度はカメラ付ライセンス灯を使おうと取り寄せたが、取付部分の形が合わず、下に出っ張ってしまいプレートに当たりまくるのでやめた。
あきらめて標準的な形のでなるべく小さめのを探した。
Amazonで2千円くらいのやつだが予想以上に画質も良く、全くOKだ。

で、リヤガーニッシュに埋め込みするべく、穴空け加工する。
固定方法をしばらく試行錯誤したが、結局はホットメルトで隙間を埋めながら接着してしまった。

B3-1976.jpg
ボディ側にこんな美しくないのが見えるが、普通には見えない部分なのでOKだ。
コード引き込みはライセンス灯の穴から余裕で。

B3-1978.jpg
カメラ電源は右バックランプから取る。

B3-1982.jpg
このついでにってことで、右側から配線引き回し、左側リヤフォグも点灯するようにしよう。
ただし、眩しいリヤフォグは大迷惑なので、W数を落としてみる。
通常のリヤフォグ用は21W。 これでは直視できないほどなので、何種類か試してみて、7.5Wのバルブにした。 テールランプの明るさに近い感じになったかな。 今度、夜間に再確認する。

B3-1981.jpg
リヤガーニッシュ取付。 

B3-1984.jpg
さて、いよいよトランクふたからトランク内に配線を引き込む。

B3-1993.jpg
その前に、トランクから室内に入れるために、リヤシートを一旦外す。
座面は前方を上に持ち上げればすぐ外れる。
背面はちょっと固いが、上に持ち上げたりしながら前方にバリッと力入れて引っ張ると、外れる。
どちらもビス等の固定は無く、はまっているだけだ。

この車、何年くらいシート外してないんだろう? シートの下側には溶けて固まったキャンディーとか、梅とか、おもちゃとか(!) おそらく以前のオーナーのセレブな子女の落とし物だろう。
ちょうど掃除も出来て、シートも日に干せた。

B3-2001.jpg
では、配線引き込みワイヤー(エーモン配線ガイド)にシリコンスプレーして、入り口にもシリコンやり、少し格闘しながら通す。

B3-2003.jpg
おぉ! 見事に通った! 感動。 良かった。 (トランク内)

B3-2004.jpg
続いて、トランク内からリヤシート背面に向けて

B3-2005.jpg
リヤシート背面から車内に引き込めた。 あとは、このガイドで配線を引っ張れば

B3-2006.jpg
車内まで配線入れたので、ようやくトランクを閉めれる。
カメラ接着のボンドもパッと見は目立たないし、良しとする。

カメラ配線は天井・ルーフライナーの端に入れて前方まで持ってきた。

B3-2010.jpg
この1DINコンポの横にモニタ設置予定。

1DINコンポ、チューナーとUSBのみ。CDドライブないと奥行きもこんなでコンパクトに済む。

E46の2DIN化キットは、eBay利用なら17,000~2万円くらいで、国内で3万前後~7万 で入手できるんだが、2DINナビを入れてしまうにはタイミングが良くない。
というのは、うちの近所では相模縦貫道・圏央道の新規区間開通やインター開通がここ数年続いていて、カーナビの地図更新がまるで追い付かない状況なので、最近はお手頃なポータブルの最新版を使い始めている。
ということで、音源のみの1DINコンポ。 これはこれでシンプルで良いだろう。

B3-2012.jpg
モニタはなるべく小さいやつで、4.3インチのオンダッシュ液晶モニタ。 これも2千円くらい。

B3-2013.jpg
ウッドパネルの隙間から少し強引にコード出す。 モニタ背面に自作ステー(黒く塗ればよかった・・

B3-2019.jpg
モニタ設置完了。 
Rレンジ入れてみると、  映った♪!! 再び感動! しかも、画像も割と綺麗だ。

B3-2021.jpg
でん!と、モニタ様になってしまった。 

B3-2027.jpg
やっぱし、ステーの光ってるのが、ちょっと見えちゃうな・・・

これにてバックモニタ設置完了。

    
コメント

管理者にだけ表示を許可する