RECARO用スペーサー製作

2015.06.06.Sat.00:21
B3-0012586.jpg

しばらくぶりに行ってみた職人さん向けホームセンター(資材屋)で、丁度良い素材を見つけた。
【レカロシート高さ調整ハイトスペーサー】

鉄の角パイプ 31mm×31mm×t1.6(長さ2.75m) ついでに380長で4本カットもしてもらうと、切断料込みで1,500円くらい。
あとで長さ0.91mのも売っていることに気がつく(遅・・・) そっちは400円くらい。一脚分ならそれで足りる。
ちなみに40mm角もあったので、さらに高さが必要ならそれを使う手もあり。

B3-0012589.jpg
穴開けて仮当て。 よし、OK♪ (本当か?)

B3-0012596.jpg
キャップボルトM6×50で固定する。順調にレールを固定できていく、かと思いきや・・・!

B3-0012597.jpg
写真の中央部、シートベルトキャッチ取付金具の厚みが4mmくらいあり、上に角パイプをそのまま乗せられない。
最初は気づかず、ボルト締めてしまったら、この厚みのせいで歪み発生!ちょっと問題勃発!
歪みのせいでレールが動かなくなったが、どうにか苦労して、取り外す。
とりあえずスペーサー状のモノを探してみる。 手近には無いが・・・

B3-0012601.jpg
まあ、いつものモノタロウで見つかり、厚さ5mmのワッシャー、M6×60のボルトも購入する。

B3-0012609.jpg
見事、金具厚み分もクリアでき、高さも稼ぐことが出来た。
角パイプ31mm+ワッシャー5mm→合計36mm上がることになる。

B3-0012613.jpg
断面部。 円筒状のスペーサー&長ボルトのセットなど良く売っている(現在、他車でも使用中だ)が、この角パイプの形状&長さがあるので強度的にも安定度でも申し分ないだろう。

B3-0012617.jpg
高さ調整完了♪ 子供目線(笑)から、やっと標準に近い目線まで上げることが出来た。
純正シートはもうちょっと高かったな。 思い切って40mm角でも良かったかもしれない。

これで、運転可能になった。
コメント

管理者にだけ表示を許可する